人身事故を目撃したら

交通事故を目撃した場合には、状況によって必要な事が違います。
特に人身事故の場合は、怪我をした人が、歩行者なのか、自転車なのか、バイクなのか、車なのかによっても違いますし、その症状によってもその後の対応が変わってきます。
もちろん見かけた側は第三者ですので、素通りしてしまう方も多くいらっしゃるのは確かです。
会社に行く途中で事故を見かけた場合には、事故を見てしまったので会社に遅刻しますというのは通らない可能性があります。
それは、事故を起こした人が全ての手配をすればいいという考えがあり、第三者である人がでしゃばる必要はないと思われている部分があるからです。


でも、被害者が子供で、加害者が逃げようとしている場合はどうでしょう。
携帯電話を持っていない小学生がきちんとした対応ができるとは限りません。
また、双方が怪我をしてしまっている場合には、電話が困難な可能性もあります。
交通事故は命に直結する事故ですので、人命救助という面では、行わなければいけない事もあります。
会社などに連絡する場合には、事故を目撃してしまい、怪我をしてしまっているので、代わりに連絡をとっているので遅れますなど、状況をしっかり報告すれば容認してくれる所も多くあります。


しかし、交通事故を目撃してしまった場合、どのような行動をとれば良いのかイマイチよくわかっていない方もいらっしゃると思いますので、このサイトでは交通事故を目撃してしまった場合に、行わなければいけない内容を紹介します。
こちらで紹介している情報は、目撃した場合だけでなく、自分が事故に合った場合や、事故を起こしてしまった場合にも応用が利きますので、車を運転している方も、運転しない方もしっかり確認しておいてください。